​ウェンデル・ケリー

Wendell Kelly

トロンボーン・作曲理論

トロンボーン奏者として、ビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、フィオナ・アップル、フランク・シナトラ、ハービー・ハンコック、クインシー・ジョーンズ、デビッド・フォスター、ローズマリー・クルーニー、ジャスティン・ティンバーレイク、ジギー・マーリー(ボブ・マーリーの息子)、ウェイン・ショーター、ジョージ・ベンソン、パフダディなど、膨大な数のアメリカン・スター達と共演を果たす。

 

アレンジャーとしても活躍し、ビートルズのトリビュートバンドであるThe Fab Fourのアレンジと指揮、ジャクソンシスターズのアレンジなども手掛ける。

クラシックにも精通しており、オーケストラの一員として、ハリウッド・ボウル、ローズ・ボウル、ディズニー・ホールといったロサンゼルの大型コンサートホールでも演奏。

​日本にも何度も来日しており、親日家でもある。

教育者としても熱心で、地元ロサンゼルスの学校区で様々な年齢のユースを指導。教えだしたら止まらない、というほどの指導好きで、親しみやすいキャラクターで人気がある。

WendellinKangol.jpg
Wendell & Chick Corea.JPG

ジャズの巨匠、チック・コリアと

Wendell - The floor.jpg